後立山連峰と夕暮れの劔岳

4月29日(金)に弘前を出発した私たちは、日本海を南下し約12時間かけて長野県大町市へ向かった。


3人で運転を交代しながら、一路、目指すは北アルプス!


山中2泊移動に2泊。4拍5日の山行の始まりだ。


一体どんな試練が待っているんだろう・・・。初めての北アルプスに期待と不安が入り混じる。


今回の予定は
1日目 移動  弘前~小坂~理窓山荘(泊)
2日目 大谷原~赤岩尾根~冷池山荘テント泊
3日目 鹿島槍ヶ岳~冷池山荘テント泊
4日目 爺ヶ岳中峰~南尾根~柏原新道~理窓山荘(泊)
5日目 移動  理窓山荘~小坂~弘前

1日目 R4年4月30日(土)天気 晴れ

理窓山荘:出発の朝
赤岩尾根取りつきまで、あと一息

大谷原の登山口から西俣の出会いまでは林道を1時間ほど歩く。


目の前に後立山連峰の片鱗が、チラホラ見え始める。


いよいよ急登の赤岩尾根へ
ブッシュと岩と雪は脚にくる~      天気が良すぎて、喉カラカラ

高千穂平まで、もう少し。

これだけ歩いても、まだ半分も来ていない。

景色を堪能する余裕がない・・・。

高度が上がると、心なしか息苦しいのは気のせいなのか⁈


いつもより息が上がる。アイゼンを履いた足が重いし・・・


時々、眺められるこの絶景だけが唯一の慰めだ。

この日の核心

赤岩尾根分岐手前のトラバース

ピッケルを深く差し込んでゆっくり進む

緊張MAX!

ついに来た~!赤岩尾根分岐     後ろに見えるは愛しの劔
劔岳をバックに記念撮影
朝5時に出発してから約10時間30分。


テン場まであと少し。頑張るぞ~
明日はあの頂(鹿島槍ヶ岳)に立つのだ
冷池山荘のテン場に着いたのは、16:00


冷池山荘から少し下がった樹林帯に、テントを張ることにした。


今日は夕日が期待できるとあって、太陽が沈む時間に合わせて外に出てみる。


最初は冷池山荘の稜線に上がってみたが、あまりよく見えなかったので


テン場から少し下った所がベストポジションだった。


夕日に染まる剱岳が神々しい。


あまりにキレイで夢中でシャッターを押した。


初めてのアルプスで、劔に沈む夕日が見られるなんて


本当にラッキーだった。
落日に映える劔岳
もったいないくらいキレイな夕日だった。


3人で沈むゆく夕日を眺めた。いつまでも眺めていたい・・・。


またいつか来よう。

2日目 R4年5月1日(日)天気 雪 

前日の天気はどこに行ったやら・・・


今日は、天気予報通りの「雪」


6:20 テン場を出発


岩稜帯に乗った雪で超歩きにくし!


これから鹿島槍ヶ岳を目指します。


風速10mくらいだろうか。体感温度はマイナス10℃以下だと思うが


それほど寒く感じないのは、青森の冬山を経験しているからなのか。
布引山(2,683m)登頂
布引山は7:50到着し、さらに北へ向かう。


時折、強く吹きつける風


稜線上は真っ白で昨日の景色は全く見えない。


上を見上げれば、山頂が遠く見える。黙々と歩くしかないが、息が切れる。


9:20 ようやく鹿島槍ヶ岳山頂到着


3人で握手を交わした時は、本当にここまで自分の足で来たんだと感無量だった。


景色は見えなかったが、最高に気分がいい。


記念撮影をし、早々に下山した。
鹿島槍ヶ岳南峰(2,889m)登頂
下山途中で、ツガイの雷鳥に出会った。人を怖がらず写真を撮らせてくれた。(気前がいいね!)

3日目 R4年5月2日(月)天気 晴れ

雲海から朝日が昇る
3:00起床。テントを撤収し5:00出発。


撤収時、ポールが凍り付き、摩擦熱で温めて外さなければならなかった。


雪面はガチガチで、ピッケルが刺さらない。昨夜はかなり冷え込んだようだ。


稜線に出ると絶景が待っていた。朝日に照らされた雲海とアルプスの山々


「荘厳」というのは、こういうことを言うのかな。


澄んだ空気が、さらに美しさを引き立てているようだ。


カメラでは伝えきれない。
静かな山にアイゼンとピッケルの音がこだまする。


前日の雪で雪崩と滑落のリスクがあるので、赤岩尾根から下るのは断念し


爺ヶ岳南峰から南尾根経由で柏原新道に抜けることにした。
左後方に見えるは剱岳

前日に続き雷鳥にまた会った。

この稜線上は、雷鳥がいるとは聞いて

いたが、ホントに会えるとは。

足跡が意外に大きくて驚いた。

爺ヶ岳までの道のりも長かった。
爺ヶ岳中峰(2,669m)登頂
7:40 爺ヶ岳到着。風は時々強まるが最高の景色


私たちが到着すると間もなく、下から登って来たお兄さんに


写真をお願いした。地元人で、雲海の写真を撮りたくて3:00に出て来たそうだ。


この日は、その他にも10人くらいはすれ違っただろうか。
夢のような景色が広がっていた。言葉にならない・・・。
爺ヶ岳南峰から南尾根を下り、どんどん高度を下げていく。


この尾根もなかなかの斜度だった。ブッシュと時々、現れる雪面に足を取られる場面も・・。


1人1回は、意図せず尻シェードしてしまった。


昼近くなると雪が降り始め、寒くなってきた。午前中、すれ違った人達は山頂に着いた頃だろうか。


天候が急変するのが早過ぎる。これがアルプスか・・。
13:45 柏原新道登山口に無事到着!


3人で健闘を称え、記念撮影。実に濃い3日間だった。


この後、タクシーを待っている間に雨が降りだした。(着いてからで良かった。)


下山したら安心したのか、どっと疲れが出た。


山荘に行く前に、ゆっくり温泉に浸かったのは言うまでもない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください