10月11日、十和利山に行ってきました。

大雨の中、迷ヶ平から登山口へ。

「熊注意」の大きな看板にビビりました。

鈴を付け、笛を吹きながら進みました。

分岐から西コース(左)へ。

登山道は広く刈り払いされていました。落ち葉と倒木が濡れて滑りました。

赤い実と紅葉した葉が美しいニシキギ科のマユミ(真弓)を見つけました。

雨にぬれて、より一層色が鮮やかでかわいさ倍増です。

ブナ樹林帯に入ると、ブナの超巨木があちこちに広がります。

雨は弱まることなく、上部になるにつれ急登が連続します。

十和利山山頂からの十和田湖、遠くの岩木山を楽しみにしていましたが、残念でした。

次回の楽しみができました。

下山は、東コースへ。

急な下りがずっとずっと続き、滑って転ばないように慎重に進みました。

途中、一時、雨が上がりました。

ふと振り向くと、雲をかぶった十和利山と今日初めて対面できました。。

雨の中だったけど、登ってきたからこそ、見ることができた景色です。

その後はまた雨でしたが、クリーンエネルギーの風力発電風車9基を見ながら下りました。

心配していた熊にも出会わず、登山口へ戻りました。

今日もまた、十和利山に感動!!絶景は次回へ。                naka

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください